yukiokumura.com

news | about | projects | CV | contact |



Born 1978 in Aomori, Japan, and currently living and working in Brussels and Maastricht, Yuki Okumura is an artist whose practice resembles that of a translator, ghostwriter or mediator, subjectively interpreting, reenacting or sometimes radically rewriting works by other artists that tackle the issue of the artist's selfhood. While his work is presented in the media of video, text, curatorial and workshop projects, its underlying form is performance, where his behind-the-scenes gestures catalyze or manipulate visible narratives.

奥村雄樹は1978年青森生まれ。ブリュッセルとマーストリヒト在住。アーティストおよび翻訳家として活動。ヴィデオ、テキスト、ワークショップ、キュレーションといった媒体を駆使しつつ、社会を成立させる言語的な規則(とりわけ人称や人名)をわずかに誤作動させながら、主体を入れ替えたり世界を書き換えたりするための形式として、あるいは身体の物質性(とりわけ死という断絶)や時空の連続性という物理的な制限を突破した恊働の形態として、「翻訳」や「解釈」という枠組の可能性を探求する。近年は、「私」という問題を批判的に更新する他のアーティストたちの作品を参照しつつ、それらを主観的に再解釈・再演する、あるいは時にラディカルに書き換えるプロジェクトを多く手がける。




Each of us lives in a different world. It runs in parallel, overlapping yet never mixing with each other. Indeed, we physically share the same space and time, but ultimately, our experience cannot be shared as-is, because one can see the world only through one's own eyes. We are all alone, confined in our own respective horizons. / That is why we need language―not only verbal, but also any form of articulation and translation―as a tool to share our experiences beyond the confinement, only virtually though, so that so-called society can work. Defined as a network of interpersonal communication, society is a dream created so realistically by language. / With each of my recent projects often parasitically extracting a certain element of another artist's work and developing it into a new structure, I am interested in creating a situation where language, especially the first person pronoun, malfunctions, so that we can collectively see another kind of dreams―an alternate form of society, so to speak, that is not based on our virtual communicativity, but our actual solitudes. Yuki Okumura (August 2013)

「人はそれぞれに異なる現実を生きている。同じ時空に身をおいているのに同じ出来事を共に過ごすことができない。ひとりひとりが受けとめる世界のあらわれはつねに違う。「わたし」がじかに観て察して感じられる枠の内に、誰もが囲われ、閉じこめられている。おたがいの囲みは交わることなくパラレルでありつづける。/ 言語(声や字の形をとるものに限らず、あらゆる区わけや切りだしや書きかえのシステム)は、人々を隔てる壁を打ちやぶって現実を交わらせようとする。それは見かけの上では成りたつ。そうした偽の交わりが絡みあって、いわゆる社会が編みあげられる。社会とは、言葉がわたしたちに見せる夢でしかない。/ 他のアーティストの仕事に身を寄せて、そこから抜きだした柱で新たな骨組みを組みたてる。それによって、言葉の力が乱れた、とりわけ「わたし」のはたらきが狂った場を生みだす。これまでそのような試みに取りくんできた。そこで夢見られるのは、かりそめの交わりではなく、のがれられない隔たりにもとづいた、いわば代わりの社会のあり方なのかもしれない」奥村雄樹(2013年8月)